拡張・仮想現実テスト

拡張・仮想現実が進化し続ける中、企業はこのユニークなテクノロジーをデジタルプラットフォームに組み込む際に、包括的な顧客体験を損なうことなく向上させるという課題に直面しています。

クラウドテスティングは、AR・VRテストの唯一有効なソリューションです

消費者の競争環境が激化する中、ブランドは常に差別化を図り、より顧客との関わりを深めようとしています。 多くの人がARやVRの技術に注目していますが、進化している最中の技術では、最初のうちは多少失敗しないと、その使い方を理解するのは難しいものです。

ARやVRの最適なユースケースを理解することだけが、企業にとっての障害ではありません。 もう一つの大きな課題はテストです。 定義上、VR(ときにAR)は没入型の要素を持っているため、自動テストやラボ内での技術のテストは効果がありません。

ApplauseによるAR・VRテストのメリット

非常に魅力的で差別化されたAR・VR体験を提供するために、大手ブランドはApplauseと協力して、次のような内容の包括的なテスト戦略を構築しています:

  • 機能テスト40万人以上のテスターが集まるApplauseでは、ベテランのQAテスターを見つけて、探索的なテストやテストケースの実行を行い、SDLCのリリースサイクルに完全に統合することができます。

  • ユーザビリティテストターゲット層に合ったテスターで本番前のテストを行い、ARやVRで選択したユースケースがオーディエンスにとって意味のあるものかどうかを判断します。 ユーザーが貴社のテクノロジーをどのように使っているか、実用的なフィードバックを得ることができます。

  • ハードウェア・テスト:VRは通常、動作するために別のハードウェアコンポーネントを必要とします。 Applauseのコミュニティを活用して、デバイスが正しく動作すること、ターゲット層の対象にフィットすること、シミュレーションを実行するために必要な他のソフトウェアやデバイスと互換性があることを確認します。

  • 没入テスト:貴社のVRがVR酔いを起こしすぎていないか、または没入感が足りないかなどを知ることができます。 Applauseは、VRを使用するそれぞれの周囲にどれだけの空きスペースが必要かなど、物理的な環境に関する提案を行うことができます。

  • 包括的なテストアプローチ:Applauseの顧客が当社との連携を好むのは、実地テストをワンストップショップで行うことができるからです。 拡張現実や仮想現実のような次世代技術を扱う場合、テストにおいて最も重要でありながら最も難しい要素は、人間の要素です。 Applauseと連携すれば、人間的な要素は最も簡単な部分になります。