Applauseインスプリントテスト

Applauseを貴社のスプリントに組み込むと、新機能の手動テストをすばやく行い、その結果をすぐに利用できるようになるため、シフトレフトをより早く完了することが可能になります。

インスプリントテストの結果を迅速に

Applauseを活用したシフトレフト

ソフトウェア開発ライフサイクルの早い段階でテストを実施する「シフトレフト」と呼ばれるアプローチでは、こまめなテストと早い失敗により、開発速度とリリース頻度の両方が向上します。 多くの開発チームがこの手動機能テストを社内で行っていますが、もうその必要はありません。

Applauseインスプリントテストでは、デジタルエキスパートのグローバルコミュニティから集められたテストチームの力を活用して、新機能のインスプリント手動テストをほぼ即座に実施できます。 御社の開発者は、バグ追跡システムに直接統合された合理的なプロセスを利用して、新機能をApplauseに送って手動テストを依頼し、迅速なフィードバックを受け取ることができます。そのため、スプリントがQAによって中断される心配はありません。

ApplauseのProduct Excellent Platform™の一環として、また、エンドユーザーに卓越したデジタル体験を提供するという当社の取り組みの一環として、Applauseインスプリントテストは、開発スプリントにおけるすべてのチケットで、必要なときに必要なテストが実施できるようにします。

Applauseインスプリントテストのメリット

Applauseインスプリントテストは、貴社と貴社チームがコーディング後すぐに機能をテストすることを容易にし、開発とリリースのスピードの向上に貢献します。

社内リソースに負担をかけずにシフトレフト
Applauseのテストチームを利用して、頻繁かつこまめにテストを実施。
既存のワークフローを使用
統合とAPIを利用し、バグ追跡システムからテスト結果を直接リクエストして受け取れます。
コンテキストの切り替えを回避
迅速なターンアラウンドにより、開発者は新しいチケットに移る前にテスト結果を受け取ることができます。
QAを多段階で実施
スプリント途中のテストケースで要件を検証し、その後、探索的テストを行って予期しない問題を発見します。

簡単かつ即座に結果を得る

エンジニアのためのシンプルで合理的なプロセス

Applauseインスプリントテストは、Applauseのエンゲージメントに合理的なプロセスをもたらし、レフトシフトに必要なスプリント途中のテスト結果を得られるようにします。 開発者は、新機能や更新した機能のコーディングを終えた後、チケットを所定のステータスに変更することで、機能をApplauseに直接送り、要件に基づいたテストケースを自動的に作成できます。 当社のグローバルコミュニティから集められたカスタムテストチームが待機しており、すぐにテストが開始されます。 当社のデジタルエキスパートがテストケースの合否を判定し、問題があった場合には、貴社のチームが問題を再現して対処できるように、関連する画像やログなどを含めて報告します。

テスト結果は精査後、貴社のチーム向けに準備が整ったことを示す新しいステータスとともに、バグ追跡システムに送り返されます。 このプロセスでは、チームは既存のシステムから離れることなく、機能がマスターコードにマージされたり、開発者が別の機能に移ったりする前に、必要なテスト結果を得ることができます。

シフトレフトをスピーディーに完了

迅速なターンアラウンドタイムと、スプリント途中でのテストが可能なApplauseインスプリントテストを活用することで、より高品質なデジタル資産を、より迅速にエンドユーザーに提供することができます。 Applauseインスプリントテストでは、以下のことが可能です:

  • リリーススピードの加速: すばらしい製品を、より早くエンドユーザーに提供できます。

  • 開発チケットをより早くクローズ: テスト結果をすぐに確認できるため、開発者はより多くの開発チケットを迅速にクローズできます。

  • コストの削減:開発の早い段階で問題を発見し、修正することで、後期のバグ修正にかかるコストを回避できます。