アクセシビリティテスト

テストとベストプラクティスを開発プロセスに組み込むことにより、デジタルアクセシビリティを構築および維持できます。

ビジネスにとってアクセシビリティは非常に重要

デジタルアクセシビリティテストへの人間主導のアプローチ。

顧客ベースの拡大からリスクの軽減まで、デジタルアクセシビリティを実現すべき理由は数多くあります。 積極的な企業は、アクセシビリティを開発ライフサイクルに組み込んでいます。 これにより、デジタルプロパティがすべてのユーザーに受け入れられ、また、定められたガイドラインに準拠していることを確認できます。 また、自動化されたアクセシビリティスキャナーは良い出発点にはなりますが、すべての問題を特定することはできません。 そこで、Applauseの人間主導のアプローチが活躍します。

Applauseは、エキスパートチームが主導する一連のアクセシビリティテストとトレーニングサービスを提供します。それによってブランドは、自社のデジタル体験の弱点を特定し、問題を迅速に解決し、そしてベストプラクティスを通常の業務に取り入れることができます。

アクセシビリティテストのメリット

当社の人間主導のアプローチは、訴訟のリスクを大幅に軽減しつつ、より広範なオーディエンスにリーチするのに役立ちます。

総合的な評価
WCAG 2.1、Section 508、およびその他のアクセシビリティガイドラインに基づいたエキスパート主導の評価を実施します。
深い専門知識
当社のエキスパートチームは、アクセシビリティガイドラインとベストプラクティスに関する深い知識を持っており、広範な支援技術を使用したテストを行うことができます。
ヒューマンタッチ
当社の人間主導のアプローチは、自動化されたスキャナーでは見つからない問題点を見つけ出します。
実用的なインサイト
重大度に基づき優先付けされた障害のリストと、スクリーンショット、動画、改善の推奨事項を含む詳細なバグレポートが提供されます。

アクセシビリティを通常業務に統合

問題を理解し、修正の優先順位を決め、チームを教育します。

開発のペースが速くなるにつれて、アクセシビリティがソフトウェア開発ライフサイクルに組み込まれていることが重要になってきます。 Applauseは、貴社のデジタルプロパティ、ワイヤーフレーム、およびコンテンツの評価をWCAG 2.1を含むアクセシビリティガイドラインに基づいて実施する、エキスパートチームへのアクセスを提供します。 長年の経験により、当社のチームはどのユーザーフローに優先順位をつけるべきかを理解し、定期的な評価サイクルを決定するお手伝いができます。 評価後、重要度に基づき問題を優先付けした詳細な調査結果と、チームが問題を迅速に解決できるようにするための改善の推奨事項が提示されます。 解決後、当社チームは問題が正しく修正されたかどうかを検証し、コード変更に起因する未解決のコンフォーマンスの問題を特定します。 またApplauseは、貴社のアクセシビリティガイドラインへの準拠を証明する、自発的製品アクセシビリティテンプレート (VPAT) およびアクセシビリティ適合性レポート (ACR) の提供も可能です。

アクセシビリティは1回で解決するものではありません。 これは、組織全体で継続的にコミットすべきものです。 アクセシビリティ教育は、ガイドラインに継続的に準拠するために重要です。 Applauseは、組織全体にアクセシビリティの重要性を示し、ベストプラクティスを日常業務に組み込む方法について個々のチームを教育するための、カスタマイズされたコース開発とトレーニングを提供します。

Applauseアクセシビリティツールを使用することで、開発者はコーディング中に問題を特定および解決でき、アクセシビリティを日常業務に組み込むことができます。 このツールも他の自動化されたアクセシビリティツールと同様、人間による評価によってしか見つけられないアクセシビリティの問題を明らかにするには、手動テストとの併用が必要です。

デジタルアクセシビリティへの積極的な取り組みをお考えですか?

貴社がコンフォーマンスの目標を達成できるようお手伝いします。 下記フォームに必要事項を入力するだけで、何千人ものApplauseの顧客に加わり、以下のことが可能になります:

  • サービス市場の拡大: すべてのデジタルプロパティを、障がいを持つ人たちにも利用できるようにします。

  • ポジティブなブランドイメージを構築: デジタルアクセシビリティは、企業の社会的責任を示すものです。

  • 訴訟リスクを軽減: リリースごとに、アクセシビリティガイドラインに準拠していることを確認できます。